松田聖子「出会いは共通の友人の紹介」ダンナは口固く目立たぬタイプ

印刷

   松田聖子の結婚発表から2夜明けたが、依然として気になるのがお相手である。「肝心のお相手に関する詳しいことが見えてきません」と番組ナレーション。そこで番組の頼みの、しかしあまり頼りにならない芸能ジャーナリストの井上公造がジャーナリスト生命をかけ、電話代をふんだんに使って、極秘情報を集めたそうである。

友人にも明かさなかった「聖子との交際」

   井上によると、気になるお相手こと大学准教授は真面目でコツコツと努力する人で、学内で目立つタイプではない。東北の大学に通った学生時代は、テニスやスキーに熱中したスポーツマンでもあるそうな。また友人にも松田との交際を明かしておらず、「口が固い」タイプと見られるという。そのほか、仕事や趣味に関する細かい情報ももたらされた。

出会いはいつ?

   司会の加藤浩次は「出会いに関しての情報はありますか」と聞いたが、こちらの情報は依然、薄い。出会いの時期はわからないが、医者と患者としてではなく、共通の友人の紹介で知り合ったという。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中