HKTに移籍の指原、謝罪 「これからどうなるのか」

印刷

   6月15日(2012年)放送の「オールナイトニッポン」(ニッポン放送)でHKT48移籍が発表された元AKB48の指原莉乃(19)が16日ブログを更新し、ファンに心配をかけたことを謝罪した。

「本当に、たくさんのご心配をおかけして、ごめんなさい。昨日のオールナイトニッポンで、秋元先生からお話がありました。私はHKT48に、移籍することになりました。これからどうなるのか、それは、全くわかりません。」

   謝罪は 08年から09年にかけてファンの男性と交際していたと「週刊文春」(6月14日発売)に報じられた騒動を受けたものと見られ、「みなさん全員が、これからも指原を応援してくれるなんて、甘いことは思っていません」とファンの気持ちを思いやりながら、「これからも、指原を応援してくださる方がいるなら、頑張らなきゃいけない。コメントを読んで、そうおもいました。」と前向きな気持ちをつづった。

   移籍先のHKT48のメンバーやファンに対しては、「すぐに認めてもらえるなんて、思っていません。HKTのみんなが、いままでの時間、がんばってHKTをつくってきたのも、同じメンバーとして、わかっています。」といい、「がむしゃらに、ひたむきにがんばるしかないです。」と意気込みを語った。ブログの最後には「HKT48 指原莉乃」と署名を添えている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中