「旗手は金メダル取れない」五輪ジンクスに負けるな吉田沙保里

印刷
「五輪の旗手になると金メダルは取れない」

   そんなジンクスのあるという。ロンドン五輪の旗手にレスリング女子の吉田沙保里選手(29)、 日本選手団主将に陸上男子やり投げの村上幸史選手(32)が決まった。キャスターの小倉智昭は「嫌なジンクスですが、吉田さんはそれを知っていて、『自分は先頭に立って旗を持つことに憧れていた。金メダルもとりますよ』と宣言してくれたそうですよ」と話す。

公式行事や選手村滞在で体調崩しがち

   村上は2010年のアジア大会(中国・広州)で主将を務めながら金メダル、吉田は04年アテネ五輪、08年北京五輪の55キロ級で金メダリを取り、ロンドンで3連覇を狙っている。2人とも公式行事を消化するために、結団式から閉会式まで居続けないといけない。金メダルは取れないというジンクスが生まれるのも、その重責から体調を崩してしまうということなのだろうか。

乗り切って!

   心配する小倉は「2人とも出場する種目は後半で、とくに吉田さんの場合、仲間のレスリング選手が選手村に入る時期が違ってくる。練習のパートナーなどどうするのか。それを乗り切って、頑張って欲しい」と激励した。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中