2018年 7月 21日 (土)

猛暑酷暑、台風当たり年の「2004年」とそっくりになってきた今年の夏

印刷

   台風4号が季節外れの6月(2012年)に日本列島に上陸した。これは2004年以来のことで、番組では「2004年」が大きなキーワードとなった。今後の夏の状況も2004年と同じになるかもしれないらしいというのだ。なんでも2004年夏は、太平洋側を中心に猛暑酷暑で、東京では摂氏39.5度という観測史上一番の暑さを記録。台風も10個が上陸した。一方、日本海側は梅雨の終わりに豪雨被害があったという。

日本付近に「台風の通り道」

   気象予報士の藤富郷によれば、「太平洋高気圧が強くなって、日本付近に台風の通り道ができた。今後、この高気圧が西のほうに勢力を増してきそうで、夏の状況が2004年と同じようなパターンになりそうです」

いまから備え

   司会の加藤浩次は「2004年と同じになる可能性が高いとなると、いまから備えをしたほうがいいかもしれませんね」と警戒を強めていた。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中