2018年 7月 24日 (火)

原監督「不倫女性の日記」突きつけられ1億円「暴力団だと思わなかった」

印刷

   とんでもないスキャンダルが飛び出した。「プロ野球読売巨人軍の原辰徳監督(53)が女性スキャンダルで元暴力団員に1億円を支払っていた」というきょう21日(2012年6月)発売の「週刊文春」(6月28日号)の記事だ。原は女性との関係や1億円の支払いは認めたものの、金を払った相手が元暴力団員などの反社会的勢力との認識はなかったとしており、巨人軍は週刊文春に対し名誉棄損の損害賠償訴訟を起こす方針だ。

知人に借金などして数日後に支払い

   記事によれば、06年8月ごろ、プロ野球関係者を名乗る男から原との不倫関係に悩む女性の日記のコピーを見せられ、表に出さない見返りに1億円を要求された。原はゆすられていると不安を感じる一方、「私を助けてくれる」とも解釈し、知人に借金をするなどして数日後に支払ったという。

支払いがショック

   リポーターの所太郎が「巨人軍および原さんと文春側の言い分を整理すると、極論すれば1点だけ見解が違っている。相手が反社会的勢力であったかどうか、という点です」と説明する。

   これに対して、タレントの松尾貴史が「1億円要求するような人物が反社会的勢力でないとは思いにくい」。テレビ朝日デレィクターの玉川徹も「仮に相手が暴力団関係者だとすれば、表沙汰になるのがイヤとだと思って金を払っても、結局、それ以上の社会的制裁を受けることになる。暴力団とかかわると絶対損をする」と見る。

   司会の赤江珠緒「女性問題うんぬんというよりも、1億円も支払っていたということがすごくショックです」

   松尾「1億円を払ってでも隠したいという強烈なものがあったのか、それとも巨人軍や監督にとって重要な時期だったのか」

原「こんなことやるのあの人」と清武英利・前球団代表名指し

   原はファンへのお詫びのメッセージを出したが、同時に巨人軍と係争中の清武英利・前球団代表あてに、「巨人軍の選手、OB、関係者を傷つける報道が相次いでいる。こんなことがなぜ続くのか、清武さんのほかに、いったいだれがいるのか」と今回の報道に清武の関与をうかがわせた。清武は「まったくの事実無根。言い掛かり以外のなにものでもない」と反論している。

   元日本テレビアナウンサーである司会の羽鳥慎一は、「巨人が交流戦で優勝したのに、その話題がどこかへいっちゃった」と残念がる。巨人軍は「監督は被害者だ」としているが、球界の盟主として、選手や監督に「紳士たれ」といってきた巨人軍の監督が、女性スキャンダルに1億円を払ったという行為はその規範とどう関係するのか。そうした点についてのコメントはなかった。

文   一ツ石 | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中