スギちゃんとアンジャ児島「突然の休み」で箱根珍道中

印刷

そうだ旅(どっか)に行こう。(テレビ東京系6月11・18日深夜0時12分)>多忙な芸能人が突然休みをもらったらどこに行って何をする? 今回選ばれたのは旬の芸人スギちゃんとアンジャッシュの児島一哉だった。行先は悩んだ末に箱根にある高級宿「鶴鳴館 松坂屋本店」に決定。「鶴鳴館 松坂屋本店」は西郷隆盛と木戸孝允が会見をした歴史的な宿で、創業1662年という老舗旅館です。

遊覧船終了、美術館閉館、アヒルボートの従業員は「もう帰りたい」

   2人が泊まる部屋「洗心亭」は元皇室別荘で、庭園に面して四季折々の自然の眺めを眺めることができます。ここで旅装をといた2人は、箱根観光に向かいましたが、下調べもなにもありませんから珍道中の連続となりました。芦ノ湖で遊覧船に乗ろうとすると最終船は出航してしまった後だったり、アヒルボートに乗ろうとするが、係のお姉さんは「もう終わりたい。帰りたい」。なんとか遊覧船の隠しダイヤを見つけて、乗り込んだはいいのですが、これが片道運行で箱根関所で下ろされてしまいます。そこから歩いて成川美術館に立ち寄るとすでに閉館。

   歩きに歩いてようやく宿にたどり着き夕食に。小田原でとれる新鮮な海の幸と地野菜をふんだんに使った料理に「うまい!うまい!」の連発でした。半露天の内風呂は檜の香りがして、「突然の休み」が極上のリラックスタイムとなりました。いまの時期、箱根は紫陽花がきれいです。

(梅原萌)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中