梅雨本番!皮靴の手入れは水洗い―カビ・シミも消えてピカピカ再生

印刷

   梅雨の時期は靴も傷む。雨で濡れれば乾きにくいし、脚も汗をかきやすい。放っておけばカビが生えるし、シミは取れなくなってしまう。「靴のカビ、シミ、臭いなどの靴のトラブルを一挙に解決しましょう」(ナレーターの小林優子)というわけだ。

   小池高美さん宅の靴箱には白い汚れが取れなくなった黒い靴が仕舞い込まれていた。「市販の靴クリームで努力してもなかなか落ちないんです」と小池さん。靴のケアを40年間行っている達人・安富好雄が手ほどきする。「白い汗の塩分も水洗いで溶かして取ります」とオシボリより緩い搾り加減の濡れ雑巾で汚れを浮き立たせる。「水をブスブスになる位つけて水拭きします。次ぎに濡れた靴の中に新聞紙を丸めてつま先までしっかり詰めて、靴の形を整えてたっぷり陰干しします」

   靴クリームは小指の先くらいの量を薄くブラッシで伸ばしていく。「そしてここがポイントです。今塗ったクリームを布でしっかり落としてください。これをやらないと靴のヒビ割れの原因になるんです」

臭い消しにはみょうばんスプレー

   靴の臭い消しには「ミョウバンのスプレー」(水100ミリリットルにミョウバン6グラム)が効果的だという。皮膚科の五味常明医師は「足は1日でコップ1杯分の汗を出しています。靴の中は蒸発できないのでムレて熱帯雨林状態。これは細菌が大好きな環境なんです」

   靴の中の細菌を測ってみると、1平方センチの中になんと4500万個。この細菌を減らすのがミョウバンのスプレーで、1回シュッとやると細菌は1万分の1に激減して臭いがなくなる。

(磯G)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中