2018年 7月 18日 (水)

アイドリング菊地が謝罪「ゆび祭り。もち時間を過ぎてすみません 」

印刷

   HKT48の指原莉乃がプロデュースしたアイドル合同イベント「第一回ゆび祭り~アイドル臨時総会~」に参加したアイドリング!!!の菊地亜美が、持ち時間をオーバーしてパフォーマンスをしたことを6月26日(2012年)のツイッターで謝罪した。

「アイドリングがもち時間を過ぎてしまってたみたいで本当にすみません 私たちも終わってから知りました 他のグループさんすみません!!」

   「ゆび祭り」は6月25日(2012年)に日本武道館で開催され、アイドル10組86人が集まり各グループ持ち時間10分の制限でパフォーマンスを行った。しかし、中には持ち時間を10分以上超えてパフォーマンスをしたグループがあったと、avexのアイドル専用レーベル「iDOL Street」の公式ツイッターアカウントが指摘したため、どのグループのことかとネットでは注目を集めていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中