エマ・ワトソン「ピンク毛染めの子犬散歩」で動物虐待とバッシング

印刷

   映画「ハリーポッター」シリーズでおなじみ、女優エマ・ワトソン(22)が、ショッキングピンク色に染められた愛犬とロンドンの街中を散歩する姿がメディアに掲載されて物議をかもしている。犬も人間並みにオシャレをさせられる昨今、ファッショナブルな洋服を着て散歩するワンコなど珍しくもないが、さすがにヘアダイはマズいのか。

乳がん啓発キャンペーンで親友の飼い犬

   エマがお散歩させていた子犬、ビション・フリーゼ種のダーシーちゃんは、実はエマの親友でモデルのソフィー・サムナー(22)の愛犬で、乳がん研究基金への募金活動のため、乳がん啓発キャンペーンの象徴であるピンク色に染められていたのだ。サムナーはピンク色の犬に対する世間の反応に驚いて、あわててツイッターで事の次第を説明した。

   「ダーシーちゃんはすぐに落とせるビーツで染めていて、害はないから大丈夫なのよ」と言い、エマも「私の友だちの犬、ピンク色のダーシーが乳がん研究のための募金活動をしています。毎回、彼女を見るたびに笑顔になるわ」とダーシーちゃんの活動を応援するメッセージを寄せている。

   エマは過去にファーを着用して動物愛護団体からバッシングを受けた過去がある。「バカっぽ過ぎる」「ケミカルで染めたとしたら動物虐待だ」「犬がかわいそう」とネットはちょっとした騒ぎになった。

Noriko Fujimoto

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中