橋下大阪市長「関電株主総会」質問―ちょっと時間オーバーしたらヤジ妨害

印刷

   沖縄を除く全国9電力の株主総会がきのう27日(2012年6月)一斉に行なわれ、東京電力、関西電力など7社で株主から「脱原発」の提案があったが、すべて否決された。しかし、関電では大阪市、東電では東京都が筆頭株主として「経営の透明性」などを求めてはげしく経営陣を追及した。

会社側株主が待機?「市場原理にさらされない企業はこうなる」

   橋下大阪市長は自ら会場に乗込んで提案をぶつけた。ただ、時間をオーバーしたとたんにヤジられるなど、会場の大勢は「向こう側」にあった。八木誠社長は「野田首相も原発は必要と言っている。脱原発はまったくありません」と強気だった。橋下は「原発がなくなっても事業が成り立つのかを聞いたが、一切答えなかった。市場原理にさらされない企業はこうなる」とこれはボヤキに近かった。

株主という意識が…

   東電の株主総会の会場となった代々木第一体育館には株主4400人が集まった。1兆円の公的融資を受け、政府が議決権の過半数を握るという「実質国有化」が承認された。この日で退陣する勝俣恒久会長は「再び皆様の信頼と取り戻すことができるよう最大限の努力をする所存」と述べたが、事前の根回しで株主提案はことごとく否決された。

   東京都の猪瀬副知事は「経営の透明性の確保」「さらなるコスト削減」などを求めて詰め寄った。「突然の値上げで説明が不十分だ」「冬のボーナスは出るのか出ないのか。出ないのが普通ですよ」「意識改革ができていない」と迫ると、会場から大きな拍手が起こった。東京・信濃町にある東電病院についても、「いまどき職域病院で一般人を診療しない病院なんてありませんよ。しかも稼働率20%。資産価値は収益還元法でやると122億円になる。公的資金1兆円 が入っている。売却は当たり前でしょう」と隠し球も繰り出した。

   ほかにも、柏崎刈羽原発の廃炉議案などあったがすべて否決された。脱原発運動の木村結さんは「加害者だという意識も、当事者の意識すらない」と吐き捨てた。

経済ジャーナリスト・荻原博子さん出席「結果はわかってたけど…」

   総会には「朝ズバッ!」でもおなじみの経済ジャーナリスト・荻原博子さんもいた。司会のみのもんたが荻原を「東電と関電の大株主!」と茶化すと、「一株ずつですよ」と荻原は笑ったが、出てきた言葉は厳しい。「経営の透明性は否決された。根回しされているから結果はわかっている。そういう会社って何なんでしょう」

   東電の売却予定施設は1116か所だが、売却済はたった153か所にすぎない。東電病院は東電が隠していたのを東京都が見つけ出したものだった。「朝ズバッ!」も取材に入ったというが、建物の前までだ。かろうじてわかったことは、113床のうち埋まっているのは20床で赤字は東電が補填しているらしいということ。荻原は「地域でベッド数は決まっているのに、ガラガラの病院が1つあったら地域に迷惑をかけている」という。

   みの「日本人には株主という意識が浸透してない」

   だから、会社もその場限りで総会を乗り切ろうとする。ただ、東電は実質国有化した。今後は役人の力量が問われることになる。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中