2018年 7月 19日 (木)

声優・後藤邑子「危機は完全に脱した。8月上旬に退院の見込み」

印刷

   「自己免疫疾患」による緊急入院を5月19日(2012年)に伝えていた声優・後藤邑子が、医師から「危機は完全に脱した」と診断されたことを6月28日のブログで報告した。

   緊急入院した1番の理由が心臓ダメージによるものだったと明かし、他の臓器と並行しながら優先的に処置・治療を行ったことで「普通の人と同じように」動くまで治ったという。病気はコントロールしながら今後も付き合っていく必要があるというが、順調に治療が進めば8月上旬に退院の見込みがあると説明している。

「今までのが嘘だったわけじゃないけど、これでみんなに本心から『安心して。』って言える。私は大丈夫だよ。みんな安心してね」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中