声優・後藤邑子「危機は完全に脱した。8月上旬に退院の見込み」

印刷

   「自己免疫疾患」による緊急入院を5月19日(2012年)に伝えていた声優・後藤邑子が、医師から「危機は完全に脱した」と診断されたことを6月28日のブログで報告した。

   緊急入院した1番の理由が心臓ダメージによるものだったと明かし、他の臓器と並行しながら優先的に処置・治療を行ったことで「普通の人と同じように」動くまで治ったという。病気はコントロールしながら今後も付き合っていく必要があるというが、順調に治療が進めば8月上旬に退院の見込みがあると説明している。

「今までのが嘘だったわけじゃないけど、これでみんなに本心から『安心して。』って言える。私は大丈夫だよ。みんな安心してね」
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

J-CAST Blog 略して「Jブロ」
J-CASTがオススメするブログを紹介!
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中