「AKBは軍隊」「『ももクロ』は歌舞伎」 小林よしのりの真意は?

印刷

   AKB48にハマっていることで知られる漫画家・小林よしのりが6月29日(2012年)、ブログでAKBの対抗馬とみなされる「ももいろクローバーZ(ももクロ)」について語った。

   小林は「一代限りの『ももクロ』が、AKBの時代を終わらせる可能性がないとも言えない」「AKB48のライバルは乃木坂46ではない。『ももクロ』こそが警戒すべきライバルである」など、AKBファンとしての立場から「ももクロ脅威論」を展開する一方で、

「わしは『ももクロ』は年末の紅白に出ると思っている。そのくらい存在感が急速に増してきた」
「『ももクロ』を見ろ! 美少女はいないのに可愛いし、とびきりに元気がいいではないか!」

と彼女たちを高く評価。ももクロファンだという男性アシスタントの評を引き、「AKBは軍隊」「『ももクロ』は歌舞伎」と論じている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中