民主党分裂で1人うれしそうな石原都知事「ガラガラポンだよ」

印刷

   民主党の小沢一郎元代表のグループ議員50人がきのう2日(2012年7月)、輿石幹事長に離党届けを出した。小沢は「野田民主党は本来の民主党ではない。政権交代の原点に返るために離党する」とし、自派の会合では「必ず政権に復帰して増税法案を葬る」と気勢を上げた。

   野田首相はこれに「日本の政治の分岐点になる」と述べたが、離党届は受理せず、除名扱いとする意向だ。だが、増税法案に反対した議員は他にもおり、離党の動きが広がらないために、党員資格停止もありうるとされる。

野田内閣8月解散もできず総辞職で「野垂れ死に」

   ただ、離党届に署名していたうち、辻恵議員(大阪)と階猛議員(岩手)は離党に同調しなかった。2人とも小沢の側近で、弁護士出身の辻は小沢の裁判に助言。階は地元岩手の子飼いの1人だけに、小沢には大きな誤算だったに違いない。この結果、同調した衆院議員は38人にとどまり、先に離党している「きづな」の9人、新党大地の3人を含めても、単独で内閣不信任案を提出できる51人 は1人足らない。与良正男(毎日新聞論説委員)は「ショックだったろう」という。

わかりやすい

   与良「クールに見ると、民主党政権の終わりの始まり。政権のありようが変わってくる。野田さんが26日の段階でかつての小泉さんのように断固造反を切るというような対応をしていたら、展開は変わったと思う」

   しかし、ここに至れば、もう後戻りはできない。与良は「小沢さんも3党合意ができるとは思っていなかったから、選挙で挽回するしかなくなった」という。スケジュールとしては、増税法案を参院で成立させ、特例公債法案、衆院の定員削減を上げて、大方は8月解散という読みだ。

   与良「内閣総辞職もありうる」 

   杉尾秀哉(TBSテレビ報道局解説・専門記者室長)「先に伸ばそうという見方も出ている」

「小沢は自滅への道。あんな人間が日本の政治を差配するなんて…」

    自民党、公明党もそれぞれが党内に強硬派をかかえて、失点を出さないように必死だ。そんななか、一番愉快なコメントを出したのが石原東京都知事だった。シンガポールにいた石原は、「バラバラになればいいんだよ。ガラガラポンと」といい、小沢について「不思議な人だね、あの人は。わけのわからん金の力が日本の政治を左右するなんて、政治家がいかに貧しいか、ダメな証拠だよ」 とぼろくそ。羽田に着いてからも、「自滅への道じゃないの。あんな人間が日本の政治を差配するなんておかしいよ」

   これに司会のみのもんたが喜んだ。「わかりやすい。小気味がいい。あそこまで堂々と発言できるというのはどういう自信?」

   杉尾は「キャリアともともと持って生まれた性格なのかも。はっきりしてる」

   みの「語彙の豊富さ」

   三屋裕子(スポーツプロデューサー)「言葉の使い方。短いセンテンスで心にぐっと入ってくるような言葉を使われる。好き嫌いはあるだろうが、わかりやすい。今の民主党はわかりにくい」

   みの「はっきりしろといいたくなる。石原さんで一番感心したのは、被災地から帰ってきて、がれきを引き受けるぞ、何だ今の日本人はといったこと。やったぜと思った。あと、(パンダの)『尖尖』『閣閣』もよかった」

   その小沢、この日公開された2011年分の議員所得で、歳費カットで各議員が軒並みにダウンするなかで堂々4500万円。 対前年比2000万円もアップしていた。もともと億単位の麻生太郎元首相、鳩山邦夫議員を除くと、全議員中2番目だった。あの大震災の年にいったい何をしていた?

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中