小沢新党は「3ない新党」顔ない、カネない、連携ない

印刷

   小沢一郎・元代表が突き付けた民主党への三行半は、当初は衆院40人、参院12人の計52人だったが、間際になって離党撤回の衆院議員が2人出た。辻恵議員と階猛議員で、いずれも当選2回で新人とはいえない。しかも階は小沢のお膝元、岩手県選出。その階は「(離党届を)もし出されるのであれば、その前にもう一度機会を設けてご説明を頂きたかった」という。

   最終確認せずに届け出るのも軽率だが、離党意思を表明しておきながら撤回を伝えなかったのはもっと無責任。甘ったれているのではないか。

土壇場で裏切りの階猛議員には刺客

   離党した衆院議員38人のうち25人が1年生議員だが、この中にも大なり小なり悩みを抱えての離党決断だった。政治アナリストの伊藤淳夫は、小沢の離党と新党立ち上げについて、「3ない新党ですね」という。3ないとは「党の顔になる人が小沢さん以外にいない。カネがない。連携相手がいない」と指摘した。

怒ったでしょうね

   キャスターの小倉智昭「小沢さんは階議員には怒っていたでしょうね」

   田崎史郎(時事通信解説委員)「相当怒っていて、次の総選挙では対立候補を立て、いわゆる刺客を放つ形になると思う」

   その小沢は2日(2012年7月)夜、都内の料亭に離党仲間を集めこう語ったという。「必ず政権を奪取する」。せっかく正論を吐いて新党を立ち上げるのだから、誤算でなければいいが…。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中