AKB48増田有華 宮本亜門ミュージカル主演「寝れない日もあった」

印刷

   演出家の宮本亜門が手がけるミュージカル「ウィズ~オズの魔法使い~」の主演ドロシー役を決める最終オーディションが7月2日(2012年)に行われ、AKB48の増田有華が主演の座を射止めた。同じ日に喜びのブログを更新している。

   オーディションはダンス、芝居、歌唱の3部門で行われたが、増田は緊張で体の震えが止まらず、審査の模様はあまり覚えていないという。

「最終審査が終わってすぐ宮本亜門さんから直接、合格発表がありました。増田有華って名前を呼ばれた瞬間、自分の名前が何か分からなくなって一瞬時が止まりました。このオーディションに人生をかけるつもりでいってたからなんかもう、どうしていいか分からなくなって、、、時間が経ったいまでも実感が湧きません。でもたくさんの人におめでとうって言ってもらえてこんなにも幸せな気持ちになったのは久しぶりです」
「押しつぶされそうになって寝れない日もありました。でもこの日の為にやってきて、ほんとに良かった。たかみなが言ってた努力は必ず報われる!本当にあるんだな。そう感じました」
「でも、浮き足立ってる場合じゃない!と思っています。これから稽古がはじまり、乗り越えなきゃいけないことクリアしなきゃいけなきゃいけないことが山ほどあると思います。先ほどキャストの皆さんの名前を聞きました。ビックリするようなメンバーです。ほんとに。いっぱい吸収したいと思います。きっとボロボロになるんだろぅな、、、。それでもいい。皆さんに素晴らしい舞台をお見せできるように、地に足をつけて頑張ります!(原文ママ)」
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中