出川哲朗「自分の葬式バラエティー。本当に悲しくなって…まだ死にたくない!」

印刷

   お笑いタレントの出川哲朗が7月3日(2012年)、翌日に放送予定のバラエティ番組『タカトシの時間ですよ!』(TBS系)の収録で、自身が死んだ設定で葬式を行う企画があったとブログで報告した。

   参列者に、よゐこの有野晋哉、濱口優、天野ひろゆきなどが呼ばれ、生前の出川の話をするというもの。出川は非常におもしろい企画だとしながらも、「最後に弔辞を読む時に本当に悲しくなってしまった」という。

「俺は、まだまだ死にたくない!みんなとも別れたくない!人間ドックの数値もE最低血圧が100を超えている俺だがしぶとく生き続ける俺は、そうしてゆく」
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中