オレオレ詐欺また新手口「路上で現金受け渡し」ATMカメラ避ける

印刷

   警戒が厳しい銀行などのATM銀行を避けて、現金を直接路上で受け取る新型のオレオレ詐欺が横行している。先週5日(2012年7月)、さいたま市の路上であった現金の受け渡しの一部始終を、コンビニの2台の防犯カメラが記録していた。

上司がコンビニで待ってる。お金と分からないように渡して」

   身長170センチほどの黒スーツ姿の男は左手にバッグを持ち、右手に握った黒の携帯電話を耳に当て、歩道を行ったり来たりしている。すると、胸のポケットから別の白い携帯を取り出しどこかへ連絡。そこへ自転車を引いた60歳代の女性が現われ、女性が男の開いたバッグの中へ紙袋を入れた。女性は男が耳にあてていた携帯を渡され、なにか話している様子だ。どうやら、相手は息子を名乗っているらしい。この後、女性は立ち去ろうとする男に何度も頭を下げた。

引っかかってしまう

   女性は後になって騙されたことに気づいたがあとの祭りだ。届け出を受けた警察が調べたところ、この日の午前9時40分ごろに女性の自宅に息子を名乗る男から次のような電話があった。

「オレだけど風邪をひいてしまった。タクシーの中に書類と小切手と携帯電話の入ったカバンを忘れてしまった。後でタクシー会社から電話があると思う」

   この1回目の電話では金銭の要求はなかった。その後、2回目電話で「契約に使うお金なのできょう中に必要なんだ。いくらなら用意できる?」と言い出し、女性が「150万円なら用意できるけど」と答えると、「今から銀行で下ろしてくれないか」

   女性ははじめ声の違いから信用しなかったが、男から「オレのことを信じられないのか」と言われ、疑うのをやめた。女性が銀行で190万円を引き出して帰宅すると、男からすぐ電話があり「上司がコンビニで待っている。その人にお金だと分からないように渡して欲しい」と言われたという。

息子役、上司役、タクシー会社営業担当、女性見張り役の4人がかり

   このオレオレ詐欺には息子役、上司役、タクシー会社の営業担当、さらに女性には見張り役がいて、上司になり済まして現金を受け取る役(受け子)と絶えず携帯で連絡を取っていたらしい。

   キャスターの小倉智昭「卑劣なやからが増えてきた。本当に許せないですね」

   女優の眞鍋かをり「これだけ周りを囲まれては引っかかってしまいますね」

   卑劣な犯行には違いないが、これだけ社会問題になってもなお騙される家族の方にもスキがある。新手の詐欺から大事なトラの子を守る方法を家族全員で考える必要がありそうだ。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中