78歳男性タケノコ採り山中で遭難20日間「生死分けた3つの幸運」

印刷

   日帰りでタケノコ採りのつもりで山に入った78歳の男性が沢に滑落、20日ぶりに釣り人に発見された。なぜ生き延びることができたのか。3つの幸運を田中良幸リポーターが現地で取材した。

標高1000メートル、朝晩気温3度、落雷と大雨―家族も諦めた

   20日ぶりに発見されたのは秋田県仙北市の鈴木徳夫さんだ。秋田と岩手の県境の山に6月18日にタケノコを採ろうとひとりで入った。日帰りのつもりだったので、食料はおにぎり3つとチョコレート、ペットボトル(500ミリリットル)だけだった。

ひとりで山に

   タケノコ採りに夢中になって足を踏み外し、沢に転落して動けなくなった。尾根に登ろうしても岩場で断念。近所の知人によると、「ここは鈴木さんが30年以上も行っている場所」という。標高1000メートルほどだが、この時期でも朝晩は気温3度まで下がる。6月中旬から7月上旬までこの地域は雨が降り続き、遭難中の7月5日も落雷を伴う大雨だった。家族は亡くなったとほぼ諦めていた。

拾ったブルーシート、目の前が沢、イタドリの若芽

   生死を分けたのは3つの幸運だった。1つは山中に落ちていたブルーシート。鈴木さんはこのブルーシートにくるまって雨露を凌ぎ、体温低下を防いでいた。2つ目は沢の水。手の届くところに沢が流れており、飲料水の確保ができた。3つ目は食糧になるサシボが近くに生えていた。イタドリの若芽だ。

   さらに、捜索・救助関係者が驚いたのは鈴木さんの精神力の強さだった。搬送された秋田赤十字病院の医師は「意識はしっかりしていて話もできた」という。

   キャスターの菊川怜「たまたま幸運が重なったが、2人で行くとか、ブルーシートを持っていくとか、日頃から備えがあったら確実なのに…」

   これに秋田出身のキャスターの小倉智昭が、「山菜採りとかキノコ採りとか、渓流の釣り師も同じですが、自分のエリアがありひとりで山に入る。ただ、タケノコ採りにブルーシートは持っていかないのでは…」

   いや、たしかに。菊川の「東大頭」が面白い。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中