2018年 7月 20日 (金)

「学校にいじめ問題のプロ常駐させては…」テリー伊藤が提案

印刷

   滋賀県大津市のいじめを受けていた中学2年生が自殺した問題が、きのう9日(2012年7月)に引き続き大きく取り上げられた。前日は学校(教師)と市教育委員会のいじめ対応、また調査が怠慢、保身etc.だとして、批判と責任追及の火の手が燃えさかったが、一夜明けると、コメンテイターの論調はほぼ一変していた。

専門家を

   菊地幸夫弁護士は学校はいじめ問題を解決する専門機関ではなく、また加害側と被害側の間を取り持つプロでもなく、そうした負担をさせるには無理があると主張。一方、警察、裁判といった機関に頼るのも、おおごとになるハードな方法だとし、中間的なSOSホットライン、第三者機関などの充実を求めた。

   テリー伊藤も「学校にいじめの専門家を常駐させてもいいのではいか。悩んでる子どもたちの心を開かせられる人たちを入れていくってことが大切だと思う」などとコメントしていた。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中