大津・いじめ自殺でフジ「とくダネ!」謝罪―加害生徒の氏名判読映像

印刷

   大津市の私立中学校で起きた2年生男子の「いじめ自殺」めぐる報道で、フジテレビ系の朝のワイドショー「とくダネ!」は、加害生徒ら関係者の名前が判読できる映像があったとして謝罪した。

   「とくダネ!」は6日(2012年7月)に、被害生徒の遺族が加害生徒や大津市、学校に損害賠償を求めた裁判の準備書面を映像として流したが、関係者の氏名の部分の黒塗りが薄く、大型テレビの静止画面で見ると判読できたことがわかった。その直後から、ネットなどでは加害者生徒の実名や学校名が飛び交っている。

   「とくダネ!」は9日の放送で「人権に関わる部分は黒く塗りつぶして放送した」と落ち度はないとしたが、「実名の一部が透けて見えることがわかりました」と謝罪した。(テレビウォッチ編集部)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中