2018年 7月 17日 (火)

秋葉原殺傷事件・加藤智大が手記「轢く直前に被害者と目が合った」

印刷

   2008年に秋葉原17人無差別事件を起こした加藤智大被告が獄中手記「解」を出版するという。「スッキリ!!」によれば、手記は事件の被害者や関係者への謝罪からはじまり、事件当日の6月8日の3日前からの心境が綴られている。

   3日前の6月5日は「ツナギ事件」が発生した日である。朝、工場に出勤すると、加藤の仕事着であるツナギがなくなっていたので、誰かに隠されたと思い、ショックで仕事に行かなくなり友だちも失った。

「ネット掲示板の成りすまし攻撃するためにやった」

   加藤が頼っていた存在としてインターネット掲示板があった。「依存」の一言で片付けられるようなものではなく、「全ての空白を掲示板で埋めるような使い方」をしていた。「空白」とは孤立している時間であり、「孤立」とは社会的な死であるそうだ。

   掲示板は友だちと話す居酒屋のようなものから、家族がいる家のようなものになり、いつしか「掲示板に帰る」感覚になっていた。しかしそこも安住の地ではなく、加藤は執拗な成りすましに悩まされていた。「30日にかけて徹底的に徹底的に私に成りすまし、私を殺すことが目的の、悪意のある行為」を受けていたというのだ。

   こうしたバーチャルな相手は殴ることも睨むこともできなかったため、間接的に攻撃するしかなかったとし、秋葉原で事件を起こしたのは「成りすましを心理的に攻撃する手段」だったと述懐している。

「大事件は大都市で起こそうと東京狙った」

   犯行の場所として秋葉原を選んだことについては、「大事件は大都市、大都市は東京、東京でよく知っているのは秋葉原」との連想だったという。また、犯行時の心理状態についても記している。犯行前にトラックで歩行者天国を3回行き来し、ためらっていたこと、最初に人を轢く直前に被害者と目が合い、「やっぱり嫌だ」と思ったが、間に合わずに轢いたなどとも綴っている。

文   ボンド柳生
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中