パンダ赤ちゃん死亡でベッキー「1番悲しいのはお母さんのシンシン」

印刷

   東京・上野動物園で7月5日(2012年)に生まれたジャイアントパンダの赤ちゃんが11日、肺炎のため死んだ。母親のシンシンが一時赤ちゃんを抱くのをやめたことから、保育器で保護していたが、疲労が回復した後はシンシンが再び世話をおこなっていた。

   タレントのベッキーが同日にツイッターで、「上野のパンダの赤ちゃんが天国にいってしまったニュースを今みました。悲しいですね。でもきっと1番悲しいのはお母さんのシンシンですよね。自分のごはんを食べるの忘れるくらい面倒みてましたもんね。 悲しいニュースだ」と悲しんでいる。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中