2019年 4月 25日 (木)

大津教委・皇子山中学捜索―警察は「暴行だけでなく自殺教唆罪」視野

印刷
142万人に支持されるダイエットプーアール茶が今なら980円で!

   滋賀県大津市の中学2年生が昨年10月(2011年)、いじめられた末に自殺した事件で、滋賀県警はきのう11日(2012年7月)夜、市立皇子山中学校と大津市教委を家宅捜索した。直接の容疑は、昨年9月の体育祭のときの3人の生徒による暴行だが、警察はいじめの全容と学校・教委の対応なども調べるとしている。

被害者生徒の親にも誓約書書かせて口止め

   学校は自殺した生徒の父親に「いじめはなかった」としていたが、昨年10月に生徒に行なったアンケート調査の結果、「いじめはあった」と認めた。しかし、自殺といじめの因果関係には一貫して「わからない」としている。父親は学友からの聞き取りなどをもとに、いじめを続けていた3人の生徒と大津市に損害賠償の訴えを起こした。

表に出ないいじめ

   とくに、昨年11月に行われた2回目のアンケートでは、 「自殺の練習」「葬式ごっこ」などの具体的な記述があったのに、学校・教委はほとんど追跡調査を行わなかった。「朝ズバッ!」の取材では、いじめに関する記述188件のうち3件しか調査していなかった。「自殺の練習」などについて教委は10日、「気がつかなかった」と説明している。

   さらに、アンケート結果を父親に渡す際、教委は「部外秘を確約する」という誓約書を書かせていたことも明らかになった。父親は「やむなくサインしたが、真相解明を遅らせる結果になった」という。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中