原発聴取会「電力会社社員いたっていい。反対の人多いんだから…」(テリー伊藤)

印刷

   将来の原発依存度をどうするかについての国民の意見聴取会がきのう16日(2012年7月)、名古屋市で開かれた。政府は2030年に原発0%、15%、20~25%のどれかにするかシナリオを提示し、聴取会で希望者のなかから抽選で選ばれた3案3人ずつ9人が意見を表明する。

   そのなかに中部電力の社員が個人的に出席しており、20~25%案を支持し、「福島の事故で死んだ人はいないし、これからも出ないと思う」などと持論を展開したという。前日に仙台市で行われた聴取会にも電力会社の役員が出席していた。

一般国民の意見といえるか。直接の利害関係者

   原発についての意見を聞くべき「国民」のなかに、この問題の直接的な利害関係者である電力会社の社員は含まれるべきなのだろうか。番組コメンテイターのテリー伊藤は「聴取会には原発反対の人が多くなる。賛成の人はなかなかいられない(出られない?)んで、電力会社の社員が出ても『あ、こういう意見もあるんだ』ということで、いいと思う」と賛成していた。

こういう意見もある
文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中