さしもの吉本ブームも終わり!?「TONCHI」MC有吉に回答者もいつもの顔ぶれじゃない新鮮味

印刷

「最強一休王決定戦 THE TONCHI」(フジテレビ)2012年7月15日13時~

   とっさの時に働く知恵=とんちを駆使した新知的格闘技! だそうだ。とんちをTONCHIと書き換えればどこか新しく見える。
   進行役は有吉弘行(ありよ神というとんちを極めた神の設定)。インテリチーム(石原伸晃、宮崎美子、松尾依里佳、角田龍平)と芸人チーム(麒麟川島、柳原可奈子、タンポポ白鳥、オードリー若林)に分かれ、「什麼生(そもさん)」「説破(せっぱ」という掛け声を合図に、お題として出された問題をとんちで解決するもの。
   たとえば第1問目は「ウルトラマンの制作費削減のために円谷プロが行ったことは?」。これに「着ぐるみを使い回した」「街を壊さないようにした」「セットをミニチュアにした」「戦う時間を3分間にした」など次々に思いついた答えを述べ、間違った答えをすると「たわけ!」と叱られ、正解に近いと「惜しい!」、正解すると「説破!」というようなやりとりが行われる。
   なによりも出演者に新鮮味がある。吉本のタレントがメインMCだと吉本タレントばかりになり、結果、いつも似たようなメンバーでうんざりなのだが、この番組ではそれがないのがよかった。
   なぞなぞ本などでよく見る問題もあったので、そこは今後の課題として注意を払えば、いい番組に成長しそう。脳トレにもなるし。

(白蘭)

採点:2
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中