大津市教育長「自殺は個人的、家庭的な要因も」きちんと確認したのか?

印刷

   滋賀県大津市で昨年(2011年)10月、いじめを受けていた中学2年の生徒が自殺した件で、きのう17日(2012年7月)、遺族がいじめたとされる生徒や市を訴えた裁判の口頭弁論があった。いじめたとされる3人の生徒はすべて否認。一方、市側はいじめと自殺の因果関係を認める可能性は高いとしたという。

いったい学校はだれから聞いた話?

   口頭弁論後に行われた大津市教育委の会見で、教育長の発言が「非常に注目」(阿部祐二リポーター)されることになった。教育長はいじめはあり、それが自殺の要因のひとつである可能性はあるとしつつ、「個人的、家庭的な要因もあったと学校から聞いている」などと発言した。詳細についてはプライバシーにかかわるとして明かさなかった。

勝手にしゃべってる

   番組コメンテイターのテリー伊藤はこの発言を責任転嫁的な態度と見て強く批判。「家庭内のことを学校は誰から聞いたのか。このことを遺族側と話し合ったのか。確認もしないで勝手に一方的にしゃべってるのか。教育長は無責任だ」などとコメントした。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中