大飯原発「活断層調査指示の日に4号機再起動」ここでも電力会社ペース

印刷

   経済産業省の原子力安全・保安院はきのう18日(2012年7月)、 関西電力・大飯原発と北陸電力・志賀原発について、敷地内の断層の再調査を指示した。この日に開かれた専門家会合で活断層の疑いが出たためだが、両原発とも設置許可申請は1980年代半ばだ。いま頃になってずさんとも何ともいいようがない。

   しかし、大飯原発では先の3号機に続いてこの日、4号機が再起動した。保安院は調査中も2基の原発の運転停止は求めないという。ただ、停止中の志賀原発1、2号機は、調査を終えるまでは再起動させないという。

専門家「炉心の下を通ってる。よくこういうものが審査通った。呆れる」

   東日本大震災で各地の断層が動く現象が見られたため、あらためて確認すべきかどうかが話し合われた。問題の断層は大飯原発の2、3号機の間と、志賀原発1号機の真下を走る。専門家から懸念の声はあったものの、電力会社は「問題ない。活断層ではない」で通してきた。

何をいまごろ

   しかし、専門家会合では「典型的な活断層が炉心の下を通っている。よくこういうものが審査を通ったなと、ちょっと呆れている」という声も上がった。これが活断層だとわかれば、志賀原発は廃炉の可能性がある。大飯原発も大規模な耐震工事が必要になる。

   福島第1原発では、4号機の燃料プールにあった未使用の燃料棒の試験的引き抜きが行なわれた。4号建屋は水素爆発で上部が吹き飛び、布のカバーはかけてあるものの、プールは完全に露出した状態だ。ここには1535体(うち未使用204体)の燃料棒が保管されている。事故当初は水が蒸発して危険な時期が続いた。引き抜きはこの1年余りの損傷状態を見るためで、1体が長さ4㍍、300キロある。クレーンでつり上げ、保管容器に格納された。未使用燃料は放射線量が低いため作業は楽だが、使用済みだと近寄ると即死レベルなので作業も困難なものになる。最終的には何十年という時間がかかる。

以前から指摘されながら無視してきた経産省・保安院と北電・関電

   司会のみのもんた「活断層を調べてみようかなんて、何をいまごろ…」

   芝浦工大非常勤講師の後藤政志氏は「前から指摘があったのを無視してきたんです。最近たくさんのデータを出されて、ようやく保安院が動いた」

   金井辰樹(東京新聞政治部記者)「調査を指示した日に4号機が再稼働してる」

   後藤「安全性というものに対する考え方が間違ってる。危険の可能性があったら動かしてはいけない。飛行機のエンジンの調子が悪ければ飛ばしませんよ」

   北川正恭(早大大学院教授)「保安院が再調査を指示した。これまでは保安院が認めてきた」

   後藤「何人かの専門家に指摘されて、せざるを得なくなった」

   原発依存率の意見聴取会でも、相変わらず電力会社が仕切っている雰囲気だ。いったいこの1年余りで何が変わったのか。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中