2020年 12月 2日 (水)

「泣くまで反省させすぐ謝らせない」長野・富士見中学のいじめ解決8対策

ゆとりある老後生活費は平均34.9万円!?今から始められる対策とは

   大津市立中学の生徒の自殺といじめをめぐり、学校や教育委員会の不徹底な調査や隠蔽体質が問題になっているが、学校ぐるみでいじめ対策に取り組み、効果を上げている学校がある。長野県富士見町の町立富士見中学だ。伏見之孝教諭(46)は「大津市のようなことはかなりのパーセントで防げるのではないかと思っています」と語る。教員歴25年のベテランで、5年前にいじめに直面、以来いじめを防ぐにはどうしたらいいか、自分なりに考え続けた。その結果、考案したのが「7時間で解決する8つの対策」だ。

その日のうちに7時間で対応・処理

   「富士見中学では、いじめはあるというところからスタートしています」とリポーターの清水貴之が「7時間で解決する8つの対策」を紹介した。まず、「生活記録」と題したノートで生徒と教師が日々の生活についてやり取りをして、いじめにつながる変化や情報を汲みあげる。これが出発点だ。そして、以下のような手順を踏む。

泣くまで…

(1)情報源守る
(2)先生たちがチームで対応
(3)加害者と1対1で対応
(4)情報交換、矛盾点の分析、事実を確認
(5)加害者に「いじめ事実」を認めさせる
(6)加害者に「泣くまで反省」を迫る
(7)被害者に対してすぐ謝まらせない
(8)保護者を交えて事実の報告

   放課後の午後3時ごろから夜10時ごろにかけて、一気に解決しょうというものだ。「その日のうちに」というスピード感がポイント。夜遅くなると苦情もあったが、学校の方針が理解され今はなくなったという。

「大事なのはいじめは絶対許さないという強い姿勢」(担当教諭)

   司会の羽鳥慎一が電話で伏見教諭に聞く。「泣くまで反省を迫るのですか」

   伏見「いじめは絶対許さないという姿勢を貫いています」

   羽鳥「すぐ謝らせない、というのは?」

   伏見「加害生徒はすぐスッキリしたい気持ちあるが、十分反省してもらうために3日から1週間待ってもらう」

   大津市の取り組みと比較して明らかに違うのは、「いじめは許さない」という学校側の強い姿勢だ。いじめがあったという情報をもとに、教師がチームで対応し、加害生徒と1対1で別室で事情を聞く。最後は保護者も交え報告する。「加害者にも人権がある」といった及び腰ではない。確認した事実からいじめを認めさせ、「泣くまで反省を迫る」。事実認定の難しさもあるが、こうした教師の真剣な取り組みこそ今求められているのだろう。

文   一ツ石| 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 菅義偉は疲労の極に達している。主な要因はコロナ対策と経済回復を同時にやろうとする菅を忖度しない尾身茂分科会会長だ。官邸スタッフは「政府の組織なのだからこっちの意向に沿って発言しろ、と。ところが尾身さんは無視して危機を訴える。総理は怒っていますが、下手に圧力をかければ学術会議の二の舞になるのでイライラが募っている」という
  2. 安倍晋三の「桜を見る会」事件が永田町を震撼させている。東京地検特捜部が安倍の事情聴取に踏み込むのか、特捜部にその"覚悟"があるのかに注目が集まる。しかし、ポストによると同じ疑惑の構図が菅義偉にもあるという。官房長官時代に毎年横浜のホテルで開いていた「菅の春の集い」がそれだ。
  3. 眞子さんは穏やかそうに見えて、秋篠宮家の中でも最も性格が強いという。声明の「生きていくために必要」というのは、換言すれば"結婚できなければ世を去ります"とも受け取れ、周囲は眞子さんの覚悟の凄さにひれ伏した。眞子さんに密かにエールを送っていたのが当時、皇太子だった天皇だというのだ。
  4. 「エール」最終回コンサートに感動の渦!「本物の紅白でもやってほしい」「みなさん歌が上手でビックリ」「岩城さんのイヨマンテ、マジ凄すぎる」
  5. 携帯電話の料金値下げはいつから?専門家は「来春まずドコモから。他の2社はドコモに合わせて1か月後。ただし2割程度」と予想
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中