サンド富澤たけし尿道結石「痛み止め飲んでもキンタマ強めにつかまれてる感じ」

印刷

   お笑いコンビ・サンドウィッチマンの富澤たけしが7月20日(2012年)、尿道結石を患っているとブログで報告した。腹部の激痛に襲われたが、仕事があったため痛み止めを飲んで香川県に向かい、2回の舞台を終えて東京の病院に直行したところ、尿道結石と診断されたという。20日の時点で石が出た形跡はないようだ。

   舞台に立っているときは「ずっと右キンタマを強めにつかまれているような感じ」で、もし激痛がやってきたらと考えると集中できなかったと言う。

「オッサンの病気だと思っていた病が自分に降り懸かった。にょどから手が出るほどの激痛がいつ来るかもわからない」
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中