おかまバーのママもっともなお叱り「女子会なんてやってるからいい男捕まらないのよ!」

印刷

   作家の先輩に驚かれたことがある。「えっ、まだそれってあるんだ」。言われた私の方が驚いたそれとは、女子会のことである。おととしぐらいからメディアでたびたび取り上げられ、居酒屋業界やホテル、レジャー業界で女子会パックが急増し、大人女子という言葉とともに、女子会はもてはやされた。

   たしかに男性にしてみると、女子会はブーム的なものに思えたのかもしれない。当事者たちにしても、いまさら「女子会します」というのは、ちょっとひと昔前の言葉を使っているようで恥ずかしい気持ちになる。どうしてだろう。あ、そういえば合コンって言葉もあまり聞かなくなった。周りでも合コンに行く、行ってきたという話をパタリと聞かない。それこそ、合コンは長いスパンのブームだったのかしら。

夜のレストランは女同士の客でいっぱいだけどなあ…

   さて、話を女子会に戻そう。これは断言できるが、永遠になくならない。夜7時、8時にレストランに行ってみると、女性客ばかりなのはどなたも御存知のはず。2~3人組かそれ以上の人数で女性同士でワイワイしゃべりながら皿を突っついている。デートと思われる客はチラホラ3組程度。まして合コンをしているグループは見かけない。

   週末の夜ともなると、同じ店で1晩に3回は行われるのが誕生日会で、突然BGMが途切れたかと思うと、大音量で流れてくるのはスティーヴィー・ワンダーかドリカムのお馴染みのあの曲だ。必然的に見知らぬ客に拍手を送らなくてはならない。そしてケーキが置かれた席からは、「××ちゃん、お誕生日おめでと~」と女性達のキャッキャした声がわき起こる。

   女同士で仲良く食事会というのが女子会の基本スタイルで、レストランなどに女子会プランがあまりないのは、プランなど作らなくても来る客の8割が女子会だからだろう。女性達が連れだって外食するのを控えたら、日本の外食産業はガタ落ちするかもしれないなと、誕生日会を開いている彼女達を見ながらいつも思う。ということで、女子会と名づけなくとも、永遠に女子会は不滅なのだ。

足の引っ張り合いに傷の舐め合い、解決法見つからない恋愛相談

   ところが、「えっ、まだソレやってんの?」とおかまバーのママにも言われた。女同士の足の引っ張り合いに傷の舐め合い、解決法の見つからない恋愛相談を長々と喋っているだけの井戸端会議みたいなもんでしょとばっさり切り捨てられた。以前も同性の先輩から同じように言われたけれど、男と女の気持ちを推し量れる立場の「彼女」に言われると、ちょっぴりヘコむ。

   あんたたちが女同士でくっちゃべってる間に、したたかな女はさっさといい男捕まえて「デキ婚」狙ってるわよ。そんな時間があるなら、男を落とす方法を勉強するほうがマシ!とピシャリ。目を丸くしながら聞いている私を、この店に連れて来てくれた仕事仲間のディレクターがニヤニヤしながら見ている。バーのママは反論できる相手ではない。でもついウッカリ言ってしまった。「30過ぎると女なんて中身はおっさんだし、つるんでると楽なところもあるんです」

   今から思うとこのひと言がいけなかった。男だった女が男をいかにして惚れさせていくか、手玉に取っていくかのノウハウをママの苦労話や美学を含めて話されることになってしまった。その話が上手くお酒も進んでしまう。結局、店を出たのは午前3時を回ろうかという時間だった。妙に説得力があって長居していたのにも気づかない始末だ。

   女子会もなくならないが、おかまバーに群がる女性もいなくならないわけだ。そして最後に、女子会のメンバーに男が欲しがる女について説教してあげるから連れてきなさいと、ちゃっかり営業も忘れない。このぬかりなさは女子会にはないなぁ。

モジョっこ

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中