2019年 9月 21日 (土)

出揃った福島原発事故の調査報告―「政府」「民間」「東電」「国会」どれが信用できるか?

印刷
エーザイが開発したサプリ『美チョコラ』無料モニター募集!

   福島第1原発事故について、政府の原発事故調査・検証委員会はきのう23日(2012年7月)、800ページに及ぶ最終報告書を野田首相に提出した。委員長は失敗学の畑村洋太郎氏で、政府、東京電力、専門家の失敗・機能不全に厳しい言葉が並んだ。

政府事故調・畑村洋太郎委員長「安全神話しがみつき謙虚さ欠如が最大原因」

   畑村は会見で、「安全神話に依存して推進してきた結果が今回の事故に見えます」「深刻な事故は起こらないという安全神話に根源がある」「津波への想定は貧弱で備えはほとんどなかった」「最悪の事態に至らないような備えをするという謙虚な態度が必要だ」と批判した。

tv140373_pho01.jpg

   あいまいな情報発信にも触れた。枝野官房長官(当時)が放射能の影響について、「ただちに人体への影響はない」と繰り返したことを、踏み込んだ説明がなかったと指摘。現地福島の災害対策本部の対応の遅さが招いた悲惨な事態として、原発から4.5キロの双葉病院の事例を取りあげた。行政、警察、自衛隊との連携不十分で患者の救出が遅れ、結果的に出さなくてもいい死者を出した。

   双葉病院では事故翌日の3月12日(2011年)、比較的症状の軽い209人がバスで避難した。鈴木市郎院長が残って自衛隊などの救出を待ったが、救助再開は2日後の14日だった。しかも、連携ミスから別棟の患者が取り残された。3月末までに病院と関連施設で約50人が死んでいる。

   畑村は「どこまで(被災した方の疑問に)答えられたかは自信がもてない。しかし、その方向を目指したのは確かです」と話す。とくに「放射線が強くて近づけないところ」について、国が主導して調査を続けるよう求めている。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中