cune小林亮三「音楽性違う」とバンド脱退 ファン「勝手ですよ」「なぜ再結成したのか」

印刷

   2011年に再結成していたロックバンド「cune」のボーカル&ギターを務める小林亮三が、7月23日(2012年)のブログでバンドを脱退することを発表した。

   理由は「音楽性の違い」だ。「半年以上のセッションを重ねてきましたが、作曲した時に感じたインスピレーションを形にしていく過程において、メンバーとの音楽性のズレや、人生観の違いが明確になっていきました」

「と同時に、様々なジャンルの音楽やミュージシャンに触れるにつれ、いろんな人といろんな音楽を表現していきたいという気持ちが強くなりました。cuneのメンバーとして音楽を存続していく道も選択できたわけですが、メインワークだったcuneを脱退させてもらい、一ミュージシャンとして、ある時はバンドスタイルだったり、ある時はジャズだったり、楽曲提供だったり、その時々に合った柔軟なやり方で音楽とつきあっていく道を選びました」
「これを期に名前を改名し、これからは小林亮三改め『波音(なみおと)』として活動していきますので、心機一転、宜しくお願いいたします」

   コメント欄には、「勝手ですよね…。メンバーもファンも振り回されてばかり」「なぜ再結成したんですか?liveだって楽しみにしてたのに。脱退って、現状は解散ですよね?ファンにも、メンバーにも期待持たせて…」と、ファンの複雑な思いが寄せられている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中