ヤンキースが期待する「イチロー打率3割以上」達成できないと来季微妙

印刷

   米プロ野球(MLB)選手のイチローが10年以上在籍したシアトル・マリナーズからニューヨーク・ヤンキースに電撃移籍――。きのう24日(2012年7月)の「朝ズバッ!」でその移籍会見が中継されたが、その直後、イチローはヤンキースのユニフォームに袖を通し、8番ライトでシアトル戦に先発出場した。

   気になる観客の反応だが、イチローが打席に立つと、ついさっきまでの本拠地シアトルの観客はスタンディングオベーションで迎えたという。

現在は打率2割6分1厘。残り66試合

   スタジオでは、この移籍で積極的に発言しているコメンテイターのテリー伊藤、有力スポーツ選手は手放しにほめ無条件に「期待」を口にすることの多いが、イチローには厳しいことも言う。テリーによれば、現在打率2割6分1厘のイチローは、残りの66試合で打率を上げる必要がある。なにしろチームは選手にシビアなヤンキースであり、現在故障中のレギュラー外野手が来季戻ってくるとなると、イチローのニューヨークでの将来は不透明だ。

どうなっているか?

   テリーは「打率3割近く、欲を言えば3割の成績を残さないと、シーズンが終わった段階でまたどうなるかわかりません」と「3割」のノルマを課していた。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

J-CAST Blog 略して「Jブロ」
J-CASTがオススメするブログを紹介!
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中