2019年 4月 21日 (日)

そうめんで夏のストレス解消!手延べを流水で食べると脳が「気持ちいい~」

印刷
ロート製薬が開発した糀でできたクリーム。500円モニター募集!

   夏の定番料理といえばそうめん。冷やして付け汁でというのが一般的だが、食べ方を少し変えただけで暑さ予防とストレス解消に役立つという。東ちづる(タレント)の「ヘルシークリップ」コーナーでそんなそうめんの新レシピを紹介した。

「氷で冷やす」「温める」は心身興奮して逆効果

   久保田直子アナウンサーがコメンテーターたちに、「氷で冷やす」「流水につける」「温めて食べる」のうち、ストレス対策に有効な食べ方を選ばせた。萩谷順(法政大学教授・ジャーナリスト)は「流水でたべる」、松木安太郎(サッカー解説者)は「氷でギンギンに冷やすのが効果的でしょう」、宇治原史規(お笑いタレント)は「温めた方が効き目があるのでは」がそれぞれの答え。

手延べで…

   久保田は3つの食べ方でどんな影響が出るのかを、脳科学が専門の東京女子医科大学・清水俊彦客員教授脳波に取材した。清水教授は「流水で食べるというのが効果的ですね。温めたり冷やしすぎる食べ方は脳が少し興奮状態になり、ストレスがたまりやすい。これに対して、流水ではプチっと噛んだときの食感を脳は気持ちいいと感じ、ストレスを緩和するα波が出ます」と解説する。

   東は「熱いとか冷たすぎるという極端な食感は脳に伝わりストレスになります。そのストレスがたまると熱中症になりやすいそうです。そうめんには手打ちと手延べがありますが、手延べの方がよりリラックスできます」

文   ナオジン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中