「選手のみなさん、すみません」加藤浩次平謝り!スペインには勝てないと予想

印刷

   「ビックリしました!」とキャスターのテリー伊藤が言う。ロンドンオリンピックの男子サッカー日本代表が初戦で強豪スペインに勝つという番狂わせを演じたのである。「スッキリ!!」ではなでしこから三歩下がって扱われる男子ジャパンだが、けさ(2012年7月27日)はトップニュースに躍り出た。

城彰二「トーナメント、優勝を見据えて全力ではなかった」

   「加藤さん、引き分けでも御の字だって言ってたのに、勝っちゃったじゃないですか」とテリー。番組の司会者でサッカーに詳しい加藤浩次はきのう、スペインは強いからと敗北主義的な態度を見せていたのである。加藤は「そこ(勝つこと)まで考えてなかったから、選手たちに謝らないといけないですね。すいません、ほんとに」と冗談交じりに謝罪した。

勝ったじゃない!

   解説者の城彰二(元日本代表)も「みなさん奇跡というが、これは実力ですよ」と鼻高々だった。たしかに日本の選手はみな勤勉な働き蜂のようだったが、スペインのほうはセクシーどころか、腹の出た引退間近のベテラン選手の集団のようだった。もっとも1人退場者を出したことや、「トーナメント、優勝を見据えて全力ではなかった」(城)こともあるだろう。

   番組のキャプションは「メダルも見えた」と、にわかに強気なものになっていた。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中