沢尻エリカの独壇場!全身整形美女が壊れていく恐怖と狂気と薬漬け

印刷
(c)2012映画「ヘルタースケルター」製作委員会
(c)2012映画「ヘルタースケルター」製作委員会
ヘルタースケルター>トップスターのりりこ(沢尻エリカ)には、他人に言えない秘密があった。「目ん玉と爪と耳とあそこ以外は全部つくりもの」という、全身整形によって作られた体の持ち主だったのだ。しかし、次第に整形の後遺症に蝕まれていく。岡崎京子原作の人気コミックを映画「さくらん」の監督・蜷川美花が沢尻エリカ主演で映画化した。

自分はだれよりも美しくあるべき

   監督の蜷川の趣向だろうか、りりこをとりまく世界のビジュアル化がとにかく手が込んでいる。鮮烈な色を放つ映像に、これでもかと大音響の音楽が流れ続ける。それに合わせ、りりこに幾度となくカメラのフラッシュが当たる音が重なる。ただ、そこに力を入れ過ぎていて少しくどい。りりこの撮影シーンばかり多いのも気になるが、この映画の最大の売りは「沢尻エリカ」という女優なのだろう。

   誰よりも美しくありたいと望む全身整形のカリスマりりこは、他人には暴君のように振る舞い、自分を脅かす者は手段を選ばず潰しにかかる。どんな男にも抱かれ、さらには女マネージャー羽田とも一線を越える。そんなりりこの存在感に、他の共演者は霞んで見える。ただ1人、羽田を演じた寺島しのぶのは光って見えた。地味で化粧もしない中年女の多田は、純粋にりりこの美しさに憧れ、尽くす。恋人を寝取られSMプレイを強要されても、「私がいないと何もできないの」とりりこを助けようと全力だ。

後遺症から薬や酒におぼれ幻覚や妄想

   物語の終盤から、整形の後遺症に蝕まれ壊れていくりりこ。後遺症の痛みから逃げるため薬や酒を乱用し、幻覚や妄想に取りつかれる。この瞬間の沢尻エリカの演技は素晴らしい。バストトップまで露わにした激しい濡れ場もさることながら、堕ちていくことの恐怖「きれいじゃなくなったらみんなに忘れられる」という、りりこの叫び声には圧巻である。

   はい上がろうともがき苦しむりりこは、沢尻エリカ本人のように見える。中身はしっちゃかめっちゃか(ヘルタースケルター)で、外面は完璧な美貌を誇るりりこを演じられるのは、沢尻エリカの他にいないだろう。

PEKO

おススメ度:☆☆☆

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中