女でもノックアウトされた某IT企業キラキラOL!キレイなお姉さんなのに気さくであしらい上手

印刷

   みみっちい嫉妬心なのか、焦りなのか。手にとった雑誌のタイトルは「女ですもの 色気がなくちゃ」。ハイ、これ即買いです。平積みされている雑誌を買って自宅へ猛ダッシュ。まずは付録についている骨盤矯正クッションを顔を真っ赤にしながらふくらます。あれ、オカシイ、肺活量が前よりもガクンと落ちている。いくら空気を送り込んでもなかなか膨らんでくれない。極度な運動不足にヘビースモーカーの悲しいなれの果てか。ついに同居人にクッションを膨らましてもらう始末である。まぁ、しゃあない。さぁ、いよいよ本題の雑誌。「このままだときっとダメなの、私」とすがる思いで記事に目を走らせる。

雑誌買って真似しようと決意してけど、面倒臭そうで…

   雑誌にはさまざまな化粧方法で色気アップ作戦が出ている。でも、メイクアップ技術がめんどくさそう。基礎化粧品で肌を整えたら、下地の塗り方からファンデーションの効果的な使い方と、メイクアップ方法がこれでもかとワンサカ紹介されている。私、疎いのでしょうか。歳をとり過ぎたのでしょうか。どうにも誌面で微笑み流し目を送るモデルたちに共感できない。というのも、あらゆるテクニックを施された最新色気メイクが、どれも同じように見えて違いが分からない。何が色気なのかさっぱりわからないオバハンは、半分も読まないまま雑誌を閉じてしまった。

   キレイにならなくちゃと女ゴコロをくすぐられたのは、何も恋をしたからではない。いや、恋をするよりも強烈な印象かもしれない。それは書店に走る数時間前の出来事だった。ある食事会に参加していたキラキラOLにノックアウトされてしまったのだ。

   知り合いの男性ディレクターに誘われた食事会にいたのは、某IT企業のPR担当の女性だ。20代後半に入ったぐらいの令嬢はとても爽やかな印象だった。手を美しく見せるというベージュ系にストーンを使ったネイルに、艶のある長い髪。サテンのノースリープからスラリと伸びた腕は、産毛のうの字も見当たらないほどなめらかだ。虫さされやあせも、ひっかき傷なんて見当たらない。マッチロチロな美しい肌の持ち主は、メイクもあくまでもナチュラルだけど、この暑さにも関わらず全くメイク崩れをしていない。

媚びるわけでもないのに同席の男たちはたちまちメロメロ

   そう、彼女が原因なのだ、私の中で何かメラメラと燃えたぎる闘争心がわいたのは。キラキラOLちゃんに対して、いつも私だったら「若いからいいわよね」とソッポを向いてふて腐れているのだが、この日は違った。彼女がちっとも媚びる女性ではなかったからである。

   自分のペースで食べて飲み、男たちが話しだすと相手の方に体ごと向いて一生懸命話を聞いている。そして、ニコっと笑顔でたたみかける。これじゃオッサンたちがメロメロになるのも無理はない。「○○ちゃん、かわいいね~」の連発となる。相手にすり寄ったり、声のトーンを1トーン高くするわけでもない。そしてよく食べている。その食べっぷりがかなり気持ちいい。

   私、それを見てやられました。コレだ!外見は手入れが行き届いたキレイなお姉さんで、美味しそうに食事を食べてくれて、なおかつ聞き上手。そして相手の心をグっと掴む微笑み。女優、歌手、タレント、モデルなど美人とはいくらでも会えて話もできるおっさんたちが、完全に彼女に夢中になっている。私は隣の席でいい匂いと笑顔を振りまくキラキラOLをねと~っと見つめているばかりだった。

   その時、気付いたのです。そうだ!この子をマネしたら何もなさそうな夏に何かが起こるかもしれないと。まずは形からと考えた。中身に問題を抱えていることはこの際もう目をつぶってしまおう。メイクで変身して髪もツヤツヤに。そんな風にキラキラになろうと思ったのに、雑誌を手にしたとたん面倒さに嫌気がさした。これじゃ空回り。いっそキラキラな彼女に慰めてもらいたい気持ちになった。

モジョっこ

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中