三宅宏実「重量挙げ女子で初メダル」メキシコ銅の父親「私を超えた」

印刷

   ウエイトリフティング女子48キロ級で三宅宏実(26)が銀メダルを獲得した。2000年のシドニー五輪で女子が正式種目となって以来、日本は初めてのメダルだ。メキシコ五輪銅メダルの父・三宅義行さん(66)を超える「銀」という快挙だった。誰よりも喜んだのはやはり父親だった。

   娘から首に銀メダルをかけてもらって、「でかした。やったよ、OK。宏実を12年間支えてこられて、一緒に歩んできたんですから、その面ではよかったなと…」と自分が獲得したような喜びようだ。

シドニー五輪見て「ピアニストより重量挙げやりたい」

   小さいころはピアニストになるのが夢だったという宏実のウエイトリフティングとの出会いは、シドニー五輪だった。「女性もこれだけできるんだとすごく感動した」のがきっかけという。

よかった

   教えを請われた父親は初め反対したという。ところが、「私が高校の時に始めたときの重さが42.5キロ。その記録をその場で軽く上げてしまったんですね。宏実が本気でやるんだったら世界に通用する選手になるかなと思いました」と振り返る。「どうせやるなら五輪でメダルを取るんだぞ」という父娘の約束で、父をコーチに1日6時間の猛練習が始まった。

   だが、2004年のアテネ五輪では直前に腰を痛めて9位、08年の北京五輪では減量に失敗して6位と無念の涙を流す。3度目になる今度こそ「しっかり結果を出します」と言い切って臨んで、見事に父との約束を果たした。

「親子でトレーニングはマイナス」という声もあったが…

   スタジオでは、タレントのテリー伊藤が「嬉しいね、やっと実ったという感じ。お父さんと一緒にやっていることが逆にマイナスになるのではといわれたが、お父さんと一緒にやりたいという本人の思いが叶ってよかった」と話す。

   ウエイトリフティングというと女子でも筋肉隆々のいかつい選手を連想してしまうが、表彰台で銀メダルを手にした三宅の笑顔はとてもさわやかで輝いていた。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中