金メダル・松本薫「野獣イヤ。もののけ姫って呼んで欲しい。女子ですから」

印刷

   ようやくロンドン五輪待望の金メダル1号が誕生した。柔道女子57キロ級の松本薫(24)は、決勝戦の対戦相手ユリーナ・カプリイオリウ(ルーマニア)を破った瞬間、「野獣」といわれた鋭い目から涙が溢れた。

レスリングで身につけた「並外れたスタミナと食らいつき」

   松本はいったんは「有効」を取ったが取り消され延長へ。延長17秒、バテた相手が苦し紛れに松本の軸足を内側から刈り松本はばったり倒れ込んだ。ギロッと審判を見上げる松本の鋭い眼光、このアピールが効いたのか反則を認め勝負あった!

ガールズコレクションに

   「金メダルおめでとうございます」と記者が松本に声をかけると、笑顔で「自分ひとりだけの金メダルじゃないと勝った瞬間に思った」と語った。

   石川県金沢市出身の5人きょうだいの4番目で、6歳の時に兄に続いて地元の岩井柔道塾に入った。同時にレスリングにも取り組んだ。柔道日本代表の中で一番というスタミナは、レスリングから学んだらしい。柔道を教えた岩井克良塾主も「構え方とかしつこくいくのは、レスリングから得たものですね」と話す。

鋭い眼光に海外メディアは「アサシン(殺し屋)」

   本人は「ニックネームはもののけ姫と呼んで欲しい。女性ですから姫が付くほうが…」というが、世界選手権(2010年)で優勝した時から海外のメディアでは「アサシン(殺し屋)」と呼ばれている。

   キャスターのテリー伊藤「戦国時代の野武士みたいな目をしている。最近の女の子には絶対にいない。東京ガールズコレクションに出てもらいたい」

   親友によると、「普段は笑顔が消えたことがない」という普通の女の子だ。会場で応援していた父親は苦笑しながら「明るい普通の娘です」

   しばらくは、あの目力と『野獣』『殺し屋』の呼び名は付いて回るかも…。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中