田口壮 引退へ「残念ながら野球人生の区切りの日となってしまいました」

印刷

   オリックスやカージナルスなどでプレーした田口壮(43)が7月31日(2012年)のブログで、現役引退を示唆している。田口は右肩を痛めた2011年にオリックスから戦力外通告を受け、手術後はリハビリをしながら復帰を望んでいたが、選手の新規契約が可能な期限である7月31日までにオファーがなかった。

「取り急ぎの、お知らせです。本日、2012年7月31日は、残念ながら野球人生の区切りの日となってしまいました。近日中に、またゆっくりメールしますね。応援してくださった方。復活を信じて待っていてくださった方。期待に応えることができず、本当にすみませんでした。今はこれを書くのが精一杯です。ごめんなさい」
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中