わざと負ける「無気力試合」バドミントン女子の中国・韓国・インドネシア失格

印刷

   「無気力試合」といえば日本の国技である相撲が知られるが、このたびは国際舞台でも発生したという。「朝ズバッ!」では、日本人のメダル、メダル、メダルの繰り返し放送の合間に、この不祥事もたびたび取り上げられた。

サーブをネットにかけたりアウト狙ったり…

   バドミントン女子ダブルスのリーグ戦で、すでに準々決勝の決勝トーナメント進出を決めていた中国と韓国、インドネシアの4組(韓国は2組)8人が、無気力試合を行ったとして失格になった。トーナメントの対戦相手を有利にするために、サーブをわざとネットにかけたりアウトにしたりで、ほとんどラリーにならず、審判に注意される場面などもあったという。そして後に世界バドミントン連盟の裁定で失格になった。

いかんですよ

   司会のみのもんたは「残念ですね。オリンピック精神に反する。いかんですよ」といい、コメンテーターからも「お互いに負けっこするというのは見たことがない。ちょっとやり過ぎで、イヤな感じ」など批判が相次いだ。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

J-CAST Blog 略して「Jブロ」
J-CASTがオススメするブログを紹介!
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中