北島康介 果たせなかった被災地の子どもたちとの約束「金とるから君らも頑張れ」

印刷

   北島康介(29)の3連覇はならなかった。ロンドン五輪水泳男子平泳ぎ200メートル決勝で日本の立石諒(23)が3位に入り、北島は4位に終わった。日本水泳界の世代交代を告げるシーンだった。

   1コース立石、2コース北島と隣り合わせとなったレースは、スタート直後から北島が飛び出し、世界記録を超えるスピードで50、100メートルを1位で通過した。しかし、後続につかまり、最後の50-メートルでは立石が追いこみ、タッチの差で北島をかわした。

目標失っていたときに「3・11」絶対あきらめないで

   北島にはアテネ、北京とオリンピック3大会連続の金メダルがかかっていた。だが、北京五輪終了後、「燃え尽き症候群」に襲われた。次は何を目標とすべきか、自分と向き合うためにアメリカに渡った。そこで水泳の楽しさを取り戻したが、本格的にオリンピックでメダルをめざそうと思ったのは、昨年(2011年)3月11日の大震災だった。プールを失った子どもたちが「泳ぎたい」と訴えていることを知り、被災地を訪れ「自分も頑張るから君たちも頑張って!」と金メダル獲得を約束した。この4年間には、そんな葛藤や秘めた思いがあった。

『た』の字も触れなかった

   3連覇はかなわなかったが、泳ぎ終わった北島に悔いはなかった。「立石が銅メダルを取ってくれてよかった。僕にできる精一杯のレースができた」とさっぱりとした笑顔の表情で語った。被災地の子どもたちにも「絶対あきらめない」メッセージを伝えることができた。

「練習嫌いの天才」立石諒が銅メダル―先輩追い抜き世代交代

   北島より6歳年下の立石は、その北島にあこがれて水泳を始めた。北島から「練習嫌いの天才」といわれたこともある。だが、「本当は隠れて練習していました」。常に背中を追い続けていた先輩を世界のひのき舞台で破り、日本の第1人者となった。

   ロンドンの小倉智昭に代わって司会を務める笠井信輔が正直に告白した。「本当に申し訳ないのは、きのうまで、私たち、立石選手の『た』の字も口にしていないような感じでしたよね。北島、北島といって。立石選手の関係者のみなさんに申し訳ないなという気持ちがありますが、若者はこうやって伸びてくるんですね」

   新しいヒーローには、次は金メダルを期待しよう。

文   一ツ石 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中