内村航平「個人金」跳馬の見事な着地イギリス観客も称賛

印刷

   体操個人総合でエース内村航平(23)が団体の雪辱を果たし優勝した。不安を残す「あん馬」を1種目目で無難に切り抜け、「吊輪」も完ぺきなできで1位、3種目目の「跳馬」の見事な着地で金メダルが見えた。その時の模様を会場で観戦していた司会の加藤浩次が興奮収まらないといった表情で伝えた。

ロス金メダリスト森末慎二「鉄棒で2回落ちても優勝だった」

   加藤「跳馬の目の前にいて、着地をドカーンと決めた瞬間を見ていたんですよ。あの時、金メダルを確信しましたね。周りのイギリス人観客が僕を見て素晴らしいと親指を立ててくれました。金メダルを確信したんでしょうね」

tv141591_pho01.jpg

   個人総合で28年ぶりの金メダルだ。内村は「表彰台の上がった時は夢かと思いました。やっとここまで来たという思いと、いろんなものが込み上げてきました。応援してくれた皆さんのおかげで取れた金メダルは、重いし一番輝いています」と喜びを語った。

   ロス五輪金メダリストの森末慎二が出演し、内村の演技をこう絶賛した。「1種目目のあん馬さえ乗り切ればいけると思っていた。一番金メダルを確信したのはやはり跳馬で着地を決めた時、内村が笑顔になりましたからね。

   僕は鉄棒で2回落ちても優勝と言っていたんですけどね。それくらい2位と差があった。皆が雲の下で一生懸命頑張っているのに、内村だけは宇宙に行っていた」

種目別は内村「床」で金、田中兄弟「平行棒」で金銀

   このあとは種目別がある。5日に内村が「床」、7日に田中和仁、佑典兄弟が「平行棒」に出場する。

   森末は「内村はG難度のリ・ジョンソンをやるでしょう。それが成功すれば金メダルの可能性がある。それに田中兄弟で1、2位の可能性も。実現すればメキシコ五輪の重量挙げ三宅兄弟以来じゃないですか」という。期待したい。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中