女子200バタ銅メダル星奈津美「好きなのは嵐の大野智リーダーなんです」

印刷

   きょう2日(2012年8月)未明に行なわれた競泳200メートル平泳ぎ決勝で、北島康介(29)はついにメダルに届かなかった。100メートルにつづく苦杯だ。最後の最後、タッチの差で銅メダルを手にしたのは後輩の立石諒(23)だった。オリンピック初出場。北島に勝ったことを聞かれた立石は、しばらく考えて「本当にあきらめないで努力してきてよかったなと思います」と話した。北島が大きかったが故にいつも二番手、しかしその背中を追ったからこそいまがある。

北島康介4位「水泳史に残るレース」悔しいけど悔いはないです

   北島は吹っ切れた表情で「悔しいですけど、メダル獲れなかったのは。でも、諒が獲ってくれたので悔いはないです」といった。北島は予選5位だった。コースは2コース。立石はその外の1コースで隣り合わせだった。北島はスタートから攻めた。100メートルの折り返しでは世界新記録の線を超えていたが、150メートルから落ちた。じりじりと攻め上がる立石。最後はほぼ同時にゴールした。その差は100分の6秒だった。ゴールのあと、北島はボードを確かめ、隣の立石に手を差し伸べて抱き合った。このとき「よくやった」といったそうだ。

tv141593.jpg

   シドニー五輪の400メートルリレー銅メダリストの田中雅美は、「(北島に)しびれました」という。「前半からチャレンジして自己ベストをねらっていく攻めに、水泳関係者はみんなしびれたと思います。最後まであきらめなかった素晴らしい泳ぎだった。水泳史に残るレースです」。立石については「今回メダルを獲った若手はみんな自分を貫き通した選手」と称える。

   司会の羽鳥慎一「最後に抜いた相手が北島さんだったというのが、いろんな意味を感じますよね」

星「レースを1本1本終えるごとに状態がよくなった」

   水泳ではもう1人、女子200メートルバタフライで星奈津美(21)が銅メダルを獲った。16歳 のときバセドー病で呼吸があがって水泳どころではなくなった。これを克服してのオリンピックだ。レース後、「目標のメダリストになれたのは、いろんな人の支えのおかげです。感謝の気持ちでいっぱいです」と語る星を見ていた司会の赤江珠緒は目がうるんでいた。

   田中「彼女の強さは最後の50メートル。 身長は164センチですがキックが強い。回転もあげられる」という。「嵐が好きなんだそうです」

   立石と星がロンドンのスタジオに現れた。立石は「自分のレースをすればメダルを獲れると思っていた」とはなし、星は「レースを1本1本終えるごとに状態がよくなった」という。

   田中が「ごめんね、嵐好きをばらしちゃった」

   羽鳥「嵐は5人いますが、どのあたりがお気に入りで…」

   星「リーダーあたりです」

   羽鳥「コンサートは?」

   星「1回しか」

   羽鳥「9月20日、21日に国立競技場でありますから、伝えておきます」

   なんだなんだ、嵐の話で終わっちゃった。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

J-CAST Blog 略して「Jブロ」
J-CASTがオススメするブログを紹介!
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中