柔道男子「金なし」の崖っぷち!一本勝ちにこだわって一本調子の試合運び

印刷

   ロンドン五輪も中盤に入ってきたが、ここまでのニッポン代表の成果をどう見るか。獲得したメダルの数はわりと多く、連日メダルの話題が目白押しだが、そのなかにもっとも光輝くメダルはあまり含まれていない。

   コメンテイターからは「メダルの数でいうと3位ですよ。1位じゃないとダメなんですか。金じゃなくてもいいじゃないですかと言いたい」(与良正男・毎日新聞論説委員)とポジティブに捉えるコメントが聞かれたが、ニッポン発祥、お家芸のはずの柔道(男子)の現状には風当たりが強い。「朝ズバッ!」は「崖っぷち」とのキャプションをつけた。

「コーチの指示待ち選手」じゃ世界に通用しない

   柔道男子はメダル4個獲得しているが、金がいまだゼロ。まだ100キロ超級が残っているものの、これに出場するのはあまり有力な選手ではなく、金ゼロでフィニッシュの可能性が高まっているらしい。柔道男子の金メダルゼロとなると、前代未聞の惨事だそうな。

   この原因について、ゲストの柔道五輪金メダリストの古賀稔彦は、まず世界の柔道人口の多さやレベル向上を挙げ、「1回戦で負けるかもしれないし、金メダルかもしれない」と実力の伯仲を言う。そして、世界から学ぶべきは、自分で試合をプロデュースする能力だという。ニッポンの選手は最初から最後までとにかく「一本(勝ち)、一本」と、一本勝ちを狙って一本調子になりがちだが、外国の選手は疲れていたらちょっと休んだりと、コントロールしながら戦っている。

   また、日本ではとにかくコーチの権威が絶大で、選手は「コーチの指示待ち」になりがちという。自主的に試合を組み立てられる選手の育成が望まれるそうだ。

文   ボンド柳生
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中