女子マラソン不振!やっと16位「守りの走りじゃアフリカ勢に勝てない」(高橋尚子)

印刷

   けさ6日(2012年8月)も五輪ニッポンの銀銅メダルラッシュに沸いた「朝ズバッ!」のスタジオだったが、その陰で女子マラソンの不振がひっそりと伝えられた。かつて高橋尚子や野口みずきらの活躍で一時代を築いたが、今回のロンドンでは最高位が16位。すっかり凋落してしまったのである。

「怪我寸前を何度も経験して耐える力が日本の強さ」

   TBSロンドン五輪キャスターで、マラソン金メダリストの高橋尚子も表情が曇りがちだ。そんな彼女の見解によれば、不振の原因は一種の臆病さにあるようだ。彼女の現役時代は、その一線を越えると怪我にもつながるが、同時に世界と戦える力を得られる―そういう局面を練習や試合で何度も経験し、積極的に突き進んで結果を得てきたという。しかし、いまの選手は怪我を恐れて守りに入っているように見えると話す。

もうちょってねえ

   その結果、身体能力に優れたアフリカなどの選手とは、スタートラインに立った段階で差がついてしまっている。「日本の強みは耐える力、あきらめずに練習を積める精神力」で、それを活かすべきだという。

   番組司会のみのもんたはこの頃、メダル云々はたいした問題ではなく、選手はみな頑張っていて、それは素晴らしい的なセリフを判で押したように口にしているが、このときばかりは「うーん、(マラソン)日本勢、たしかにもうちょっと頑張ってほしい」とリクエストしていた。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中