なでしこ「金メダルのカギ」主導権アメリカに握らせ澤で守り、大儀見で得点

印刷

   サッカーの聖地ウェンブリースタジアムで行われたサッカー女子の準決勝で、なでしこジャパンは2-1で強豪・フランスを下し決勝へコマを進めた。

   金を目指し対戦する相手はアメリカだ。昨年(2011年)のW杯はPK戦で勝ったが、過去の対戦成績は1勝21敗4引き分けと散々である。どんな試合をすれば最強・アメリカを倒せるか。

バイタルエリアを全員守備で守りきれ!

   対アメリカ戦で必勝のカギは、フランス戦ですでに実践済みと元日本代表の大竹七未(東京国際大女子サッカー部監督)は言う。「なでしこは主導権を握ったサッカーを目指しているようですが、私はそうではなくて、守備をしっかりしてアメリカに主導権を握らせた方がいいと思うんです。
   というのも、主導権を握るとボランチ(ミッドフィルダー)を経由することになり、アメリカにそこを狙われると、高い位置からボールを奪われてゴールに直結します。相手に主導権を握らせて、守備のラインを澤穂希や坂口夢穂のボランチがしっかりとバイタルエリア(攻守の急所となるエリア)をしっかりカバーできる形が理想と思います」

   さらに大竹は「澤が守備ですごく頑張ってくれているので、相手は点を取れないでいる。全員で守備。では、誰が点を取るかというと、大儀見の攻撃力は絶対ですから…」

宮間「目指してきたのは銀でなく金ですから…」

   その辺は選手もわかっているのだろう。フランス戦が終わって記者から「初のメダル確定ですが…」と聞かれた宮間あやはこんなことを言っている。「とはいっても、目指してきたのは金なので、早く帰って米-カナダ戦に試合を見てしっかり準備したい」

   決勝戦は日本時間10日(2012年8月)午前3時45分から始まる。

文   モンブラン
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中