テツandトモつぶせ!「なんでだろう~」疑問ネタ次々解決…バカバカしくてくだらない楽しさ

印刷

「テベ・コンヒーロ」(TBS)2012年7月31日23時50分~

   今年3月に打ち切りになった「クイズ?タレント名鑑」のスタッフ&キャストがそのまま深夜にスライドして制作する番組だ。インパクトの強いタイトルはプロレスの技「トベ・コンヒーロ」をモジったもので、「捨て身で枠を飛び出していく」という意味。テベはスペイン語でテレビのことで、つまりはそういう覚悟の番組だ。
   番組コンセプトはロンブー淳が世の中のいろんな疑問を検証・解決していくというもので、これまでに「昆布が海の中でダシが出ないのなんでだろう~」というテツandトモのネタに出てくるさまざまな疑問を専門家に解決してもらい、二度と「なんでだろう~」と歌えなくしてしまおうという「テツandトモの『なんでだろう』全て解決SP」や、スギちゃんのワイルドネタを10組の芸人が考案し、誰が考えたネタかを当てる「クイズ!誰のワイルド?」など、他番組は決してやりそうにないことを真剣やるところが面白い。
   この日の放送は「RGが自ら取材した本当のあるある」で、鳶、僧侶、ロス五輪出場選手、元受刑者に取材し、リアルあるあるを披露するものだった。たとえば「ロス五輪あるある」は選手村の食事はメチャうまい、「刑務所あるある」はおしるこが楽しみ、といったものだった。
   とにかくバカバカしい。が、ひとつくらいはこんなくだらないテレビ番組があってもいいと思う。今、いちばん楽しみな番組。

(白蘭)

採点:1.5
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中