「AKB料理」と一流シェフ料理どっちがおいしい?まんまとダマされる見事な出来ばえ

印刷

「ガチガセ」(日本テレビ)2012年8月3日19時~

   この日の企画は「一流料理人vs AKB料理選抜 ガチガセレストラン~一流料理人が作った料理はどっち!?~」だ。3人の有名シェフとAKB48の料理自慢メンバーが料理対決して、出演者たちがどちらがシェフの作った料理かを当てるもので、はずすと酸っぱいお茶を飲むという罰ゲームが待っている。
   1回戦はフレンチのシェフ坂井宏之とAKB佐藤亜美菜の肉じゃが対決、2回戦はイタリアンの落合務シェフと小林香菜のソース焼きそば対決、3回戦は野菜スィーツのパティシエ柿沢安那シェフと大家志津香のオムライス対決だった。驚いたのはAKB48のメンバーが予想以上に料理上手だったことである。出演者たちもまんまと騙される見事な出来ばえだった。いくらシェフたちが得意分野ではない料理とはいえ、互角に戦えるのはたいしたものだ。
   調理している間には食にまつわるうんちくも紹介される。たとえば肉じゃがは明治初期に誕生したもので、東郷平八郎海軍元帥がイギリス留学中に食べたビーフシチューを料理人に作らせたところ、ワインとデミグラスソースが手に入らず醤油と砂糖で代用し、これが肉じゃがの始まりだったという。こういう薀蓄も楽しい。さらに各シェフのレシピやコツを伝授するなど、なかなかタメになる内容だった。
   この番組、AKB48出しときゃ文句ないだろという発想で作られている企画が多かったが、これならファンでなくても楽しめる。

(白蘭)

採点:1
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中