五輪シンクロでNHK新カメラ「ツインズカム」大活躍!選手の水上・水中映像を瞬時に合成

印刷

   ロンドン五輪のシンクロナイズドスイミングでは、選手の水上の映像と水中の映像が1つの画面に合成されて流れているのにお気づきだろうか。NHKが開発した「ツインズカム」というカメラによるもので、「オリンピック放送機構」の依頼でスタッフとともに提供し世界中に放送されている。

   水上と水中の映像など2つのカメラで撮影してつなげればいいように思えるが、それほど簡単ではない。光の屈折率の違いで、選手の水中部分は水上部分よりも大きく写ってしまうのだ。ツインズカムはこれを瞬時に補正して1つの映像にする機能を持っている。

   ツインズカムはNHKの現場の技術スタッフが開発し、国内大会では何度か使われてきたが、国際映像では初めて。ロンドンの関係者も「信じられない」と驚いている。(テレビウォッチ編集部)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中